プロペシアと併用してミノキシジルを外用するのがオススメ

ミノキシジルはプロペシアに比べて攻めの効果

育毛にはプロペシアとミノキシジルの併用が効果的?

男性型脱毛症に効果がある医薬品といえばプロペシアを思い浮かべる人も少なくないと思いますが、実はプロペシアだけでは発毛や育毛に著しい効果を上げるわけではありません。これは実際の臨床データから明らかになっている事実です。プロペシア1mgを1年間投与した結果、98%の人に効果が現れたというデータは事実としてありますが、これは改善効果が現れた58%の人と現状維持効果が現れた40%の人の合計の数値です。

 

そして2年、3年となっていくと改善効果の割合が10%づつアップしていく形になります。こうした臨床データから、プロペシアだけの場合では、効果が現れるといっても現状維持の場合が含まれるということ、そして1年・2年と長い期間がかかるということを認識しておくことは大切です。より早く効果を得たい場合には、プロペシアと併用してミノキシジルを外用するのがオススメの方法です。この2つの医薬品はどちらも脱毛症に効果がありものですが、作用の仕方が異なるので併用が可能です。

 

プロペシアとフィンペシアの併用などはできませんので、何がプロペシアと併用可能で何がダメな医薬品かはaga外来がある病院や専門のクリニックで医師からの説明を受けておくと判断することが簡単にできるでしょう。このミノキシジルは液状で頭皮に塗布する形のものですが、頭皮にどのような影響を与えるのでしょうか?そしてプロペシアとの併用でどのような相乗効果が生まれるのでしょうか?

プロペシアの効果は守り、ミノキシジルの効果は攻め!

ミノキシジルは頭皮に塗布すると毛乳頭細胞や毛母細胞の活性化を促す働きをします。ですからミノキシジルはプロペシアに比べて攻めの効果があるという表現を使う人は多くいます。プロペシアも現状維持効果よりも改善効果の方が割合的には高いものの、こちらは守りの効果があると考える人が多いようです。この2つの医薬品のバランスが良いために、agaに効果が出やすいと言われています。